Mac OS X標的の攻撃が急増という記事より。

Macプラットフォームで見つかった脆弱性は、2003年の45件から2005年には143件へと、3年間で228%の増加を示した。これに対してMicrosoft製品の脆弱性増加率は73%だった。

Mac OS Xは攻撃されにくいというのはもはや過去の話でしょうか。ユーザが増えれば攻撃も増えるというのは道理で、脆弱性も増えているそうです。

Macユーザでウィルス対策ソフトを導入している人はそれほど多くないでしょう。Windowsでは当たり前のようにインストールされていると思いますが。

今後は、そのあたりにも注意を払っていく必要がありそうです。

Symantec Norton AntiVirus for Macintosh 10.0

Symantec Norton AntiVirus for Macintosh 10.0

■関連記事

Mac OS Xを狙うマルウェアが増加、米McAfeeが報告書

報告書によると、Mac OSに見つかった脆弱性の件数は、2003年には45件だったが2005年には143件に達し、3年で200%以上増加した。一方でMicrosoft製品では、92件から159件へと73%の増加だったという。