Mac OS Xで作業しながらGyaOを見る、は本当か?—「Parallels Workstation」を検証するという記事より。

「Parallels Workstation 2.1 β3 for Mac OS」(以下、Parallels Workstation)を使うと、Mac OS Xの上で仮想マシンとしてPCを動かすことができる。仮想マシンはParallels Software International製のBIOSを積んだPCであるから、その上で走るOSは原理的にはPCで走るものならなんでもいい。

こばやしゆたか氏が、話題の「Parallels Workstation」を検証しています。インストールや設定の様子が説明されていますので、けっこう雰囲気がつかめます。

やはり多くの人が気になるのはどのくらいのスピードで動作するのか、ということだと思うのですが、それに関しては、

さて、さっそくWindows XPで使ってみたのだが、動作は予想以上に軽快だ。普通の作業をする分にはまったくストレスは感じない。ゲームにしてもXP付属の「ピンボール」くらいのものなら、音がちょっと途切れる感じはあるけど普通にプレイできるし、Webを見るのも問題ない。

と解説されています。標準的な使用感というのは、全く問題ないようです。

「Parallels Workstation for Mac OS X」で「GyaO」が見られるというのがけっこう話題になっていますが、みんなMacで見られないのをけっこう気にしていたんですね。ぼくだけじゃなかったんだ。

ということで、

普通にGyaOを再生するのは問題ない。次にGyaOの動画を再生したままParallels Workstationのウィンドウを背面に回してSafariでWebブラウズしたら、Webを読み込むタイミングでちょっと音が途切れた。でも、それ以外は平気だ。

願いは叶えられたみたいですよ。これはもうUSENがライセンスを取得して、「GyaO」を見る人には安く提供してくれたら嬉しいかも、ですね。

さらに仮想マシン間のデータの共有に関しては「仮想マシンはそれぞれ別のIPアドレスを持つので、同じマシンの上でネットワーク接続できる」そうですよ。「β2からβ3へのバージョンアップでほとんど1.5倍くらいに速度が上がっている」とか、かなりそそられますね。