「Boot Camp」レポート記事「Boot Camp」レポート記事2に続き、「Boot Camp」レポート記事3をお送りします。

「Boot Camp」関連ネタは、しばらくつきることがなさそうです。Intel iBook(MacBook?)あたりがリリースされると、さらに加速していくんでしょうね。

今回はウィルス関連、「Boot Camp」インストールによりMac OS Xが起動しなくなるなど、トラブル関連の記事が登場しています。

■関連記事

Macユーザーにささげる「Windowsセキュリティ入門」

MacファンがBoot CampのWindows XP環境で安全を確保するのに役立つ基本情報を以下に紹介しておく。これは、PCユーザーにとっても良い復習になるだろう。

Boot Campユーザーから深刻な問題の報告

正確に言うと、Boot Campを使ってハードディスクにパーティションを切り、Windows XPをインストールしたところ、Mac OS Xが起動できなくなったというのがよくみられる症状だ。

Boot CampがMac OS Xにもたらす「デュアルブート異種間感染」

マルウェアの作者がWindowsプログラムにMac OS Xへの感染プログラムを仕込むことは可能だ。

Boot Campを公開したAppleの思惑

Windowsしか動かないPCと、WindowsとMac OSの両方が動き、しかもデザインの優れたMacとどっちがいい? というアピールはかなり有効だと思う。

デュアルブートMacの実力-MacBook ProとiMacでWindowsソフトをテスト

唯一Windows MacがAcerのシステムに後れを取ったのが、「Doom 3」ビデオゲームのテストだった。しかしこれは、Acerのシステムに搭載されるATIグラフィックチップの専用メモリがMacより多いことが要因だ。