Apple、Windows XPブート可能な「Boot Camp」で「スイッチ」を加速という記事。

賞金をかけたプロジェクトにより、Mac OS XとWindows XPのデュアルブートが可能になったが、Apple Computerによる「公式」のソリューションが4月5日、発表された。その名は「Boot Camp」。

ついに、Intel Mac上でWindows XPの起動をサポートするツールが発表されました。しかもAppleから公式に!

Bootcamp

その名は「Boot Camp」。現在、公式ベータ版がダウンロード可能です。

ダウンロードできるってことは、使えるってこと! ああ、Intel Macが欲しくなっちゃいますよ。Windowsユーザの乗り換えだけでなく、既存Macユーザの買い増しまで促進してしまうなんて。

日本語によるプレスリリースアップル、Boot Campを発表も出ています。

インスールが完了すると、ユーザはコンピュータを再起動してMac OS® XまたはWindows XPのいずれかを立ち上げることができるようになります。

使い方は非常に簡単なようですね。インストールして再起動し、使いたいOSを選ぶだけのようです。

Boot Campは「Boot Camp アシスタント」によりセットアップを容易に行うことができ、Windowsパーティションの作成から、Windows XPに必要なドライバを含むCDを作成するところまでサポートする。

ということで「Windows XP SP2のフルインストールディスク」の売れ行きが伸びるかも?

そして「Boot Camp」は8月に開催されるWWDCで発表される「Mac OS X 10.5 "Leopard"」の機能としてリリース予定とのこと。

フィル・シラーのコメントが、次のように紹介されています。

「アップルは、Windowsを販売またはサポートすることについての計画も意向も持っていませんが、MacがIntelのプロセッサを使うようになったことで、多くのお客様がWindowsをアップルの優れたハードウェアで使うことに関心を示されています。Boot Campは、Macへの乗り換えを考えているWindowsユーザに対して、Macをより魅力的にするものであると、私たちは考えています。」

もちろんIntel Mac上で動く訳ですから、スピードも満足いくものなのでしょうね。

NAMAANで検索してみたら、既に627件で話題沸騰中です。

Windows XPをIntel Macで動作させる方法で、コンテスト方式により編み出された方法もお伝えしていましたが、まさか純正で出てきてしまうとは。これはかなり衝撃的なニュースでした。

Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 通常版

Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 通常版

Apple Mac mini 1.66GHz Intel Core Duo 512MB DDR2 80GB SD Intel GMA950 64MB MA206J/A

Apple Mac mini 1.66GHz Intel Core Duo 512MB DDR2 80GB SD Intel GMA950 64MB MA206J/A

Apple iMac 1.83GHz Intel Duo/17"/512MB DDR2/160GB/SD/ATI Radeon X1600 128MB MA199J/A

Apple iMac 1.83GHz Intel Duo/17