ハッカーが、非純正ハードでMac OSを走らせるパッチを公開という記事より。

しかし、怖いもの知らずならきっとハックされた「Mac OS 10.4.4」に手を出す。このバージョンは、米国時間2月15日に公開されたもので、Appleの「Intel Mac」以外のIntel製プロセッサを搭載マシン上で動作するように改造されている。

「Mac OS X86」というフォーラムがあり、そこではApple製のハードウェア以外でMac OS Xを動作させるための情報交換が行われているそうです。

Appleは同社のオペレーティングシステム(OS)をApple製PC以外のハードウェア上で動作させることを明確に禁止している。

しかし、それにチャレンジしていく人は後を絶ちません。ということです。

確かに、Apple以外のハードウェアでMac OS Xが動作するのは興味深いですが、個人的にはMac OS Xの中である程度シームレスにWindowsが動いてくれるのが良いですね。

■関連記事

Apple、ハッカーに「詩の警告」

このハッキングは今のところ大々的に行われているわけではなく、技術を要する行為とされているが、もしも「使える」海賊版が作られればアクセスしやすく簡単になり、ほかのソフトウェアをインストールするように気軽に使われるようになる危険性をはらんでいる。