Mac OS Xを対象にしたBluetoothを利用するウイルス「Inqtane.A」という記事。

Inqtana.Aは、Mac OS XのBluetoothの脆弱性を利用し、感染を広げようとするウイルス。この脆弱性については2005年にセキュリティ修正パッチが公開されており、修正済みのMac OS Xには感染しない。

脅威ではないそうですが、実際にMac OS X向けのウィルスが出始めてくると、これは序章なんではないか、という気がひしひしとします。まだこれははじまり。

今はウィルス対策ソフトは使っていませんが、いずれ必要になるのかもしれませんね。

■関連記事

今度はBluetoothで感染するMac OS Xワーム

このワームはBluetoothのOBEX Pushリクエストを使って拡散する。リクエストを受け入れるとワームが転送され、コンピュータを再起動した時に自動的に実行される。