Mac OS X 10.4.5リリース - Intel Mac初のアップデートという記事より。

提供されるアップデータは、PowerPCプラットフォーム用のDelta(Mac OS X 10.4.4用)とCombo(Mac OS X 10.4~10.4.3用)、Intelプラットフォーム用の計3種。

うちのPowerBook G4も昨夜、何やらアップデートをしておりましたね。「はい」と言ってダウンロード、そして再起動なので何が変わったのか詳しくは確認していなかったのですが。

Mac OS X 10.4.5では、iChatのビデオ会議機能やSafariのレンダリング機能が改善されたほか、Darshboardの操作性向上、ファイアウォール内でのQuicTimeストリーミングメディアの視聴がサポートされた。

最近はiChat + iSightもすると、Safariのレンダリング改善は嬉しいところ。Safariにはもっと速くなって欲しいですね。「Darshboardの操作性向上」というのは何が変わっているのかな。帰宅したら確認してみよう。

ということで、Intel Mac初のOSアップデートでした。

■関連記事

“Tiger”の最新版「Mac OS X 10.4.5」公開、Intelプロセッサ版も用意

前バージョンの10.4.4において、ローカルの攻撃者によってシステムクラッシュを引き起こされる恐れのある脆弱性があったとしており、10.4.5で修正されているという。ただし、今のところ詳細は公表されていない。