Intel Macで動作するPCエミュレータが登場という記事より。

公式に発表されている中では「OpenOSX WinTel 2.0」が唯一のPCエミュレータとなる。同社はIntel版での動作を「ネイティブに近い」と表現している。

開発が表明されている「Virtual PC」に先行して、OpenOSXがIntel Macに対応したPCエミュレータ「OpenOSX WinTel 2.0」を発表しています。

「OpenOSX WinTel」は、BochsというオープンソースのPCエミュレータにGUIを付加した製品だそうで、価格は25ドル。

Windows XP以外にはWindows 95、Windows 98、Windows 2000、Windows NT 4.0、各種Linuxに対応している。

「ネイティブに近い」と表現されているだけに、ちょっと試してみたい気もします。しかしまだ「仮想NIC、SoundBlaster互換サウンドカード、USB、32ビットカラーのSVGAビデオ」は完全には実装されていないということです。

まあでもアレですよ。エミュレータは男のロマンですよ。

OpenOSX: Run Windows on your Mac with OpenOSX WinTel