アップル、コード変換技術「Rosetta」を商標登録へという記事より。

Apple Computerが「Rosetta」の商標登録を申請した。Rosettaは、同社が2006年からIntelチップへ移行する際に橋渡しを行うコード変換技術である。

Appleが、PowerPC向けに書かれたプログラムをIntel版Mac OS Xで動作させるためのエミュレーションソフト「Rosetta」を商標登録したということです。

そうそう「Rosetta」にはTransitiveの技術が利用されているんですよね。

Transitiveは、あるOSもしくはプロセッサ向けに書かれたソフトウェアを別のコンフィギュレーション上で動作するコードに変換する各種エンジンを提供する新興企業。

このお陰で、PowerPC版Mac OS Xに開発されたソフトが、Intel版Mac OS Xでも動作するようになります。

Mac OS X絡みの商標といえば「Rendezvous」が使えなくなり「Bonjour」に変更した苦い思い出もあるので、この辺はきちんとしておきたいところです。