Mac OS X 10.4.3アップデート公開 - SafariがAcid2テストをクリアという記事より。

Apple Computerは31日(現地時間)、Mac OS X 10.4/Tigerの公開以来3度目のバージョンアップとなる「Mac OS Xアップデート 10.4.3」を公開した。本アップデータの適用により、カーネルはxnu-792.2.4/Darwin 8.2.0からxnu-792.6.22/Darwin 8.3.0へ、システムのビルド番号は8C46から8F46へと更新される。

アップデータには、

・Mac OS X 10.4~10.4.2用の「Combo」
・10.4.2専用の「Delta」

があるそうですので、ソフトウェアアップデートからアップデートすると簡単でしょう。

かなりシステムソフトウェアに変更が加えられているそうで、

Spotlight検索機能は、Finderで検索を行うときの応答性が向上、iDiskと同期するファイルにコメントを残せるようになるなど強化された。WebブラウザのSafariは、サードパーティー製ウェブカメラとの互換性向上が図られたほか、Web Standard Projectによる標準規格テスト「Acid2」の条件をクリア。

ということで、Safariの機能向上が嬉しいかも。

■関連記事

アップル、“Tiger”の最新版「Mac OS X 10.4.3 Update」を公開

10.4.3では、FinderやSpotlight、Safari、Mail、iChatをはじめとするアプリケーションで多くの機能向上や不具合修正が行なわれているほか、他社製アプリケーションやデバイスとの互換性も改善したという。