Apple、RAW対応プロ向け写真編集ソフトウェア「Aperture」を発表という記事より。

同社ではこれまで動画を扱うポストプロダクションツール「Final Cut Pro」をラインナップしていたが、Apertureは位置づけとして、静止画版Final Cut Proともいえるソフトウェア。

Appleが、プロ向け写真編集ツール「Aperture」を発表しました。「Final Cut Pro」の写真版ですか。なるほど。

「RAWデータをJPEGと同じように簡単に扱うことができる」というのが特徴だそうです。また「ApertureのRAWワークフローを「極めて高速」と表現しており、その処理速度にも特徴がある」ようです。

Compare and Selectツールやオリジナル画像を一切変更しない非破壊画像処理、カラーマネジメントされた印刷、カスタムウェブおよびブックパブリシングといった機能も備え、撮影画像の比較/選択からレタッチ、出力、配布まで制作の大半の行程をカバーすることができる。

プロ向け、って感じですね。それでいて「Aperture」は499ドルから、手を出しやすい価格帯だと思います。これでプロカメラマンのMacユーザが増えるでしょうか。

Aperture(英語版)

■関連記事

米Apple、プロ向け写真整理ソフト「Aperture」

仮想ライトテーブル機能を搭載し、写真を並べて比較、セレクトすることができる。セレクトのためのワークスペースは、複数のディスプレイにまたがって表示することができる。また、連続した写真を自動的に「スタック」としてまとめることもできる。

フォトレポート:アップル、「Power Mac」「PowerBook」の新モデルとプロ用画像処理ソフトを発表