PC上で『マックOS X』の実行を可能にするハッキングという記事より。

ハッカーたちは、米アップルコンピュータ社製ではない——たいていの場合マックよりも安い——PC[IBM-PC/AT互換機]上で『マックOS X』を実行させないようにするチップを迂回する方法を見つけたのだ。

Intel Macが登場する前に、PC上でMac OS Xを動作させる方法が!

ということで、「一般的なPCで動作しないようにするための『トラステッド・プラットフォーム・モジュール』(TPM)というチップを迂回」して、Mac以外でもMac OS Xが動作するようにHackされているそうです。

ハッカーや好奇心の強いコンピューター・ユーザーたちは今月、PC向けに改造したマックOS X——通称『OSx86』——をファイル配布システム『ビットトレント』でダウンロードしている。

既にダウンロードして動作させることができる状態になっているんですね。

ハッキング版OSx86は現在、インテル社製や米アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)社製のマイクロプロセッサーを搭載する米デル社のノート型PCなどで動いている。

バージョンアップする度に何らかの対策が施されてくるのでしょうが、なんとなくいたちごっこになりそうな予感がしますね。

現在のマック上のマックOSに比べて、PC上のOSx86が速いように見える理由を正確に知る人はいない。

よく分からないけど速いみたいです。使う立場からすればありがたいですが。