「Mac OS X 10.4.2 Update」公開、TCP/IPやDashboardの脆弱性を修正という記事。

10.4.2では、AirMacにおいてWPA-PSKのAES暗号化をサポートするほか、FinderやSafari、Mail、iCaht、iCal、アドレスブック、スティッキーズなどの不具合修正や機能改善が行なわれている。また、他社製アプリケーションやデバイスとの互換性も改善したという。

早速、我が家のPowerBook G4もアップデート済みです。「10.4.2では、コンフリクトを起こすようなウィジェットをインストールしようとした際にアラートを出すよう修正」されているそうです。

なんにせよセキュリティ関連がありますので、アップデートしておきましょう。

Mac OS X 10.4.2アップデート公開 - Dashboardウィジェットの管理が可能にによれば、

主要な変更点としては、JavaScriptなどにより実現されるデスクトップアクセサリ(ウィジェット)の実行環境「Dashboard」に管理ツールが追加されたことが挙げられる。

ということで、ウィジェットの管理がより分かりやすくなっているそうですよ。

■関連記事

Apple、Mac OS X v10.4.2を公開

Apple Computerは7月13日、Mac OS X“Tiger”の最新版、Mac OS X v10.4.2を公開した。