Mac OS X 10.4.1アップデート公開 - Tiger初の更新という記事。

Apple Computerは16日(米国時間)、TigerことMac OS X 10.4を対象に「Mac OS Xアップデート 10.4.1」を公開した。このアップデータの適用により、カーネルはxnu-792/Darwin 8.0.0からxnu-792.1.5/Darwin 8.1.0へ、システムのビルド番号は8A428から8B15へと更新される。

我が家のPowerBookも今朝、アップデートをお知らせしてきました。

・ATIおよびNVIDIA製グラフィックチップ用ドライバの更新
・iSyncや.Macにおける同期の改善
・一部サードパーティー製品で発生していたDHCPサーバとの通信に関する不具合の修正な

などが主な修正点となっています。

DVD PlayerやiDVD、Safari、Address Book、iCal、Mail、Previewなど多くのアプリケーションがアップデートされるそうです。Tigerになってから初めてのアップデートですから、かなり多くの不具合が修正されているのではないでしょうかね。Safariの不具合も直っているといいな。

■関連記事

アップル、Mac OS X“Tiger”用アップデート「Mac OS X 10.4.1」公開

Mac OS X Update 10.4.1は、4月29日に発売されたMac OS X 10.4“Tiger”のアップデートファイルで、Webブラウザ「Safari」でPDFやグラフィックを右クリック(コントロール+クリック)した場合に予期せずに終了することがある問題など、Safariや「iPhoto」「iCal」「Mail」「アドレスブック」などのソフトウェアの不具合を改善する。