MacでSafariを使用している際に、コマンドキー + Wでウィンドウを閉じるつもりが、うっかりQを押してしまいアプリケーションごと終了してしまうというミスを何度も繰り返してしまい、これをなんとか回避したいと田中アップルに相談したところ、Mac OS Xの標準機能で回避する策を見つけ出してくれました。

追記:方法が少し変わったので、新たに【OS X】自分好みのキーボードショートカットをアプリに割り当てる方法という記事を書きました。

方法は至って簡単で、次の通り。

1. 左上のアップルメニューから「システム環境設定」を選ぶ
2. 「キーボードとマウス」をクリックする
3. 「キーボードショートカット」をクリックする
4. 左下の「+」をクリックする
5. 開いたダイアログで
アプリケーション:Safari
メニュータイトル:Safari を終了
キーボードショートカット:option + shift + Q
と入力する

これでOKです。ちなみに「Safari を終了」のところは、「i」と「を」の間に半角スペースが入っています。キーボードショートカットは自由に割り当てることが可能です。

OSのデフォルト機能なので安心して利用できます。