Mac OS X用のセキュリティアップデート公開、Safariの脆弱性などを修正です。

アップルコンピュータは3日、Mac OS X用のセキュリティアップデート「Security Update 2004-12-02 v.1.0」を公開した。Mac OS X 10.2.8/10.3.6、Mac OS X Server 10.2.8/10.3.6に対応する。同OSのソフトウェアアップデート機能または同社Webサイトを通じて入手できる。

■関連記事

Apple、セキュリティアップデートでSafari、Apacheの脆弱性を修正

ファイルサイズは12.7Mバイトで、Apache、AppKit、HIToolbox、Kerberos、Postfix、PSNormalizer、Safari、Terminalがアップデートされる。

Mac OS Xのセキュリティアップデータ公開 - ApacheやSafariの問題点を修復

Mac OS Xのセキュリティアップデータは、平均して月1回の頻度で公開されている。現行バージョンであるMac OS X 10.3の場合、特定のアプリケーションを対象にしたものとシステム全体のバージョンアップに含まれるものを除外すると、今年に入り11回目、昨年のリリース以降の累計で16回目。