スポンサードリンク

Mac OS XでWindowsアプリが動く?

スポンサードリンク

Windowsアプリ稼働環境、WINEがMac OS Xに対応へというニュース。

WINEは、"WINE Is Not An Emulator"の略称。Windows Application Programming Interface (API) をオープンソース技術により実装したもので、UNIXまたはLinux上で動作する。WINEはWindowsをインストールしておく必要がない、Microsoftなしで構成されるコード技術だ。

スポンサードリンク

おお、これはちょっと期待です。DarwineプロジェクトがMac OS XにWINEを移植しているそうです。まずはDarwinに対応させ、その後Mac OS Xに移植するんだとか。成功すればVirtual PCとWindows無しでもWindowsアプリケーションを実行することができるようになります。おお! まだまだかなり先の話だと思いますが、楽しみです。

DarwinとWINEをかけて「Darwine」というのはナイスなネーミングです。

スポンサードリンク

前へ

「Mydoom」は史上最悪

次へ

IM電話「Skype」が日本語に対応