Mac OS X“Panther”に見る次世代OS技術

これまでも“Panther”の紹介記事はいくつか紹介してきましたが、今回のものは“Panther”に触れていない人だったらかなりグッとくる記事ではないかと思います。非常にイメージしやすく書かれています。

「Macらしい演出と実用性」を備えた「Expos?(エクスポゼ)」は重なり合ったたくさんのウインドウをボタン一つで縮小し、タイル状に並べて表示する新しい機能ですが、これを実現しているのがMac OS Xから搭載された「Quartz」という描画エンジンで、平面的なウィンドウも内部的には3Dで処理されているそうです。そのため立方体がグルッと回るようにユーザが切り替わる「Fast User Switch」が実現されているそうです。

「Expos?」にしろ「Fast User Switch」にしろ、新しい機能を分かりやすくパッケージしていますよね。慣れてしまえば普通になりますが、新しいコンセプトを導入するAppleの手腕は流石です。まさに新しいOSを体験するユーザエクスペリエンスは素晴らしいと思います。

あとは細かい機能ですが「確実にゴミ箱を空にする」も嬉しいかも。通常、ゴミ箱を空にしても回復ツールなどを使えばデータの復旧ができた訳ですが、逆に考えれば誰かにデータを復活させられてしまう可能性があるので、セキュリティのことを考えるとこのような機能は助かります。ランダムなデータを7回上書きしてくれるそうです。