スポンサードリンク

「macOS High Sierra 10.13.4」32ビットアプリ起動時に警告表示へ

スポンサードリンク

「macOS High Sierra 10.13.4」を使用していると、32ビットアプリケーションを起動した際に、最適化されていない旨の警告が表示されるようになるそうです。

AppleがMacの32ビットアプリケーションのサポート終了の警告を開始するという記事になっています。

それは一つのアプリケーションにつき一回かぎりの警告で、MacOSの64ビットへの完全移行をねらっている。日程は未定だが、最終的には32ビットのサポートを終了するから、アップデートしなかったアプリケーションは動かなくなる。

スポンサードリンク

iOS 11でも同様のことが行なわれ、こちらは既に32ビットアプリケーションは起動しなくなっています(「iOS 11」32bitアプリのサポート終了で187,000本のアプリが動かなくなる見込み)。

macOSの場合はまずは警告が表示されるのみですが、いずれ32ビットアプリケーションは動かなくなるでしょう。

自分がよく使用しているアプリケーションソフトが32ビットか64ビットかは確認しておいた方が良いでしょうね。将来的なアップデートが見込めないようであれば、代替ソフトを探す必要もありますし。

64ビットアプリかどうか確認する方法

アプリケーション>ユーティリティにある「システム情報」を起動し、ソフトウェア>アプリケーションから確認することができます。

64ビットのところが「いいえ」だと対応していない32ビットアプリだということになります。

スポンサードリンク

前へ

汗をかいてもデトックスにならないことが研究結果で明らかに

次へ

「串カツ田中」ほぼ全店舗で全面禁煙へ 〜2018年6月から