MBP_5601.JPG

ハードディスクの不調により、起動しなくなってしまったMacBook Proですが、思いきってハードディスクからSSDに換装することにしました。

SSDというのは「Solid State Drive」の略で、フラッシュメモリをハードディスク代わりに使うもの‥‥と言って良いですかね。簡単にいうと、ハードディスクよりも読み書きが高速になります。

最近ではMacBook Airが古い世代のCPUながら、SSDを搭載することで超快適という話を聞いていましたので、MacBook ProのSSD化にもやや興味がありました。

銀座からの道すがら、秋葉館で購入したのは以下のものです。

MBP_5602.JPG

精密ドライバーと、特殊な形状のドライバー。

MBP_5607.JPG

MBP_5606.JPG

特殊な形状のドライバーは、回復後に取り出したハードディスクで使用します。併せて2,000円くらい。

MBP_5604.JPG

そして、こちらがSSDです。MacBook Proで使用している容量が130GB程度だったため、それが丸ごと入るサイズということで、160GBのモデルにしました。

MBP_5605.JPG

後は、もっと容量が多いものは3万円台、4万円台でちょっと予算オーバーだったというのもあります。

もちろん、MacBook Proを開腹するのは初めてですので「はじめてのかいふく」という感じで、生暖かくご覧ください。

MBP_5608.JPG

MacBook Proのお腹側。

MBP_5609.JPG

今から、精密ドライバーでこのネジを外してやります。小さいものがあるので、無くさないように注意!

全てのネジが外せたら、ガバッと開腹!

MBP_5610.JPG

右下はバッテリ。目指すハードディスクは左下にあります。

MBP_5611.JPG

こいつだ!

ハードディスクの奥に、並行して黒い部品がありますので、それも外してやります。

すると‥‥

MBP_5614.JPG

ハードディスクが持ち上がる!

MBP_5615.JPG

特殊なドライバーで外すのは、このネジです。ハードディスクがずれないようにするパーツ、とでも言えば良いのでしょうか。

外せたら、コネクタを外して(やや力が要ります)、SSDに換装してやればOKです。

MBP_5616.JPG

どうでい!

MBP_5617.JPG

後はネジを戻しつつ、辿ってきた道を戻ればOKです。

MBP_5618.JPG

裏ぶたを戻し‥‥

MBP_5620.JPG

DVDから起動〜! 続けてSSDを初期化〜~~‥‥と思ったのですが、オォ‥‥SSDがマウントされない‥‥。

・元々の内蔵ハードディスク→マウントしようとしてこける
・SSD→マウントすらしない

この状態では問題の切り分けができなかったので、急遽、USBの外付けケースも購入することに。

購入したのは「BLUE LINE」です。

センチュリー 1分BOX2.5SATA BLUE LINE CBL25U2

B003JY68Z0

1,700円くらいで購入できるし、何より手軽にハードディスクが入れられるので非常に便利です。

「BLUE LINE」が届き、元のハードディスク、SSD共にケースに入れて試してみましたが、次のようになりました。

・元々の内蔵ハードディスク→マウントするが修復不可能
・SSD→マウントしてOSインストール可

ということで、どうもMacBook ProのSATA周り(ハードディスクやSSDを接続する周辺)にトラブルが起きているらしいということになりました。

これだと恐らくロジックボード交換でさらに数万円が飛んでいくと予想されますので、現在はSSDを「BLUE LINE」に入れ、そこからMacBook Proを起動する、という方法をとっています。

なかなか大変な事態ではありましたが、Time Machineでバックアップを取っていたことから、あまり慌てずに済みました。Time MachineからSSDにデータを戻し、すぐにいつもの環境で作業ができています。

「MacBook Air」OS再インストールで復活→Time Machineバックアップはガチで転ばぬ先の杖
私はいかにしてTimeMachineにバックアップしたデータからiPhoneを復元したか
「MacBook Air」→「MacBook Pro」環境移行をTimeMachineで
「MacBook Air」への環境移行はTimeMachineで

また、必要なデータは概ねEvernoteやDropboxなど、クラウドサービスに預けてあるというのも心強かったです。

唯一、ブログの取材メモをecto(Macのブログエディタ)に書いていたため、その復旧だけちょっと焦りました。今後は間違いなく、取材メモはEvernoteに取るようにします。

不幸中の幸いとも言えることですが、

・MacBook Proの開腹をスピーディーに行なえるようになった
・SSDが高速すぎてハードディスクには戻れそうもない

というスキル獲得や気付きがあったことも申し添えておきます。

↓秋葉館よりAmazonの方が安かったです。

Intel SSD 320 Series(Postville-Refresh) 2.5inch MLC 9.5mm 160GB ResellerBOX SSDSA2CW160G3K5

B004UG3YU8

「MacBook Pro」光学ドライブを取り出して「Macbay」にSSDを入れて換装する予定に続く)