2011-06-28_1429.png

先週、こんなアラートと共にMacBook Proが起動しなくなりました。起動している途中で固まったような状態になり、最後にこの不吉なアラートが表示されました。

当初はDVDから起動し、OSを入れ替えれば大丈夫くらいだろうと思っていたのですが、事態は想像よりも深刻でした。

以下、MacBook Proが起動しなくなった際に、ツイッターで教えてもらうなどしていろいろと試したことです。

・PRAMクリア

⌘ + option + P + R を押したまま起動。2回起動音がなったら指を離す。パラメータRAMの初期化。

・セーフモードで起動

シフトキーを押しながら起動。

・cを押しながら起動

CD(DVD)から起動する方法。

・optionを押しながら起動

起動ディスクを選択することができる。

・ハードウェアテスト

dを押しながら起動。メモリやプロセッサをテストできる。

・電源リセット

option + shift + control + 電源ボタンを10秒ほど長押ししてから起動。

結果として、起動用に使用していた「Mac OS X Snow Leopard」がMacBook Pro発売以前のものということで、そりゃ起動しないよね、ということにはなったのですが、いずれにせよ、ハードディスクがトラブっていることが後に明らかになります。

自分ではどうにもならなくなり、急いでApple Storeのジーニアスバーを予約し銀座に向かいました。

ジーニアスバーで奮闘してもらうこと2時間くらいでしょうか。ハードウェアのチェックなどを試みてもらいましたが、結論としては、やはりハードディスクがおかしくなっている、とのことでした。

これが保証期間内であれば無償修理となるところでしたが、調べてもらうと59日過ぎていました‥‥。

また、翌日の仕事や7月になってからのカナダ行きもあったので、とりあえずハードディスクをSSDに換装してしまうことを決断し、その足で秋葉原へ向かいました。

秋葉館にて、160GBのSSDと、精密ドライバーなどの工具を購入し、帰宅。早速、MacBook Proの開腹に踏み切りました。

MacBook Proを開腹してハードディスクをSSDに換装する方法に続く)

Intel SSD 320 Series(Postville-Refresh) 2.5inch MLC 9.5mm 160GB ResellerBOX SSDSA2CW160G3K5

B004UG3YU8