MacBook Proは光学ドライブ廃止でフラッシュメモリ搭載に一本化? - 米報道という記事より。

Three Guys and a PodcastのBlogは11月24日(米国時間)、新MacBook Proが来年2011年4月に発表されるのではないかという噂を紹介している。新バージョンでは既存のHDDや光学ディスクのスーパードライブを廃し、MacBook Air同様にSSDのみの搭載になる可能性があるという。

光学ドライブにハードディスクが廃止され、代わりにフラッシュメモリ=SSDが搭載された「MacBook Air」に続き「MacBook Pro」も同様になる可能性がある、ということが伝えられています。

Three Guys and a Podcastによれば、Appleは2011年1月に新型iPad、4月にこの新型MacBook Pro (MBP)とFinal Cut Pro新版の発表を計画しているという。

記事によれば、最大で512GB搭載可能なフラッシュメモリをストレージとし、光学ドライブやハードディスクなどの駆動系は廃止される見込みというこです。

SSDは「MacBook Air」でも非常に好評ですし、256GBくらいの容量が標準になるのならば「MacBook Pro」でも十分にあり、だと思います。ゼロスピンドルになれば、重量も軽くなるでしょうね。

例えば、Intelがプッシュする光接続インターフェイスのLight Peakを初めて採用するのが、この新型MBPになる可能性があるという。またTUAWなどは、ハイエンドモデルとしてUSB 3.0をサポートする可能性についても触れている。

2011年春ごろになれば、新しい「MacBook Pro」の全貌も明らかになる、ということですね。「MacBook Air」を我慢して、次の「MacBook Pro」を待ちたいと思います!

そして、「MacBook」購入予定者が急増、他社製ノートPCのシェアを侵食かなんていう記事もありましたよ。

市場調査会社ChangeWave Researchが米国時間11月18日に公開した報告書によると、MacBookに対する消費者の関心は、10月に発表された2モデルの「MacBook Air」が原動力となって急速に高まっているという。ノートPCの購入を計画している消費者のうち、MacBookを購入すると答えた消費者は実に36%にのぼり、1カ月前の前回調査から11ポイント増加したと、報告書では述べている。

日本でも似たような動きが出ているでしょうか?

Apple MacBook Air 1.4GHz Core 2 Duo/11.6"/2G/64G/802.11n/BT/Mini DisplayPort MC505J/A

B00485CHJU