2012 06 19 1305

サンフランシスコのグルメ王 @drikin が「MacBook Airのスリープ復帰を10倍高速化する方法」という記事を書いていたのでご紹介です。

MacBook Airを使い始めて、スリープからの復帰が遅くなったと感じてる人には朗報かなと思いエントリーしておきます。

「若干釣りっぽいタイトルですが効果はほんとに絶大」だそうですよ。まあ、ぼく自身は、そんなにスリープの復帰が遅くなった、とは感じていないのですが。

いつの頃からか、MacBook Airのスリープは、スリープ時にハイバーネーションと呼ばれるスリープに切り替わるようになってました。これはメモリーの内容をすべてドライブに書き出すので、バッテリーの消費を減らしたり、より安全にスリープが出来るのですが、復帰時にデータの書き戻しに時間がかかります。

ターミナルからコマンドを入力することで、以前のような「液晶を開いた瞬間に高速に復帰出来る」ようになるのだそうです。

ターミナルからコマンドを入力する件に関しては「MacBook Airのスリープ復帰を10倍高速化する方法」をご参照ください。

個人的には「バッテリーの消費を減らしたり、より安全にスリープが出来る」ということなので、現行の設定の方が良いかな、と思っています。

@drikin も書いていますが「もちろん設定は自己責任」でどうぞ!