Kunitachi 8300

国立商店の方から超久しぶりに連絡を頂きました(10年ぶりくらい?)。MacBook Air用の「職人が作るオイルドレザースリーブ for MacBook Air 13インチ」を試してみないか、というお話を頂いたので、ここ半月ほど使っていました。これは良いです!

Kunitachi 8298

スリーブというのは、インナーケースのようなものでしょうかね。パソコンをバッグの中にしまう際に入れておくケース、です。

そんなスリーブの、職人さんが手作りしているレザースリーブが「職人が作るオイルドレザースリーブ」という訳です。

Kunitachi 8301

あまり革製品というのは手にしない方だったのです。最初、革の手触りにちょっと取っつきにくいところを感じるのですよね。

それがあなた。やっぱり革は少し使ってみないと分からないものですね。最初の頃は丁寧に扱っていたのですが、途中から普通の扱いに変更。

そうしたらあなた。もう、手に馴染む馴染む。この手触りいいっす。これがオイルドレザーってヤツですか、使い込むほどに良くなってくるってヤツですか!

素材は植物タンニンで鞣したオイルドレザーで、ちなみにオイルドレザーは多脂革という意味だそうです。

Kunitachi 8302

ちなみに試させて頂いているのは、新製品の「レッドモデル」です。

Kunitachi 8303

基本、黒のところにチラリと赤が見えるのが、浦和レッズサポーターにはたまらない配色です。

Kunitachi 8304

中は真っ赤なフェルト!

革職人がひとつひとつを仕上げるという、贅沢なケースに「MacBook Air」もすっぽり。

Kunitachi 8305

これでもか! ってくらい、ジャストフィットです。

Kunitachi 8306

むき出しで持ち歩くのも平気だったんですけど、この一体感がたまらなくなってしまいました。ちょっと革を見る目が変わってしまいましたよ。

Kunitachi 8307

フェルトのおかげか、きちっと詰まっているのですが、スイーと出し入れも楽です。

Kunitachi 8308

実はカバンごと落として、ちょっとへこませてしまった部分があったので、インナーケースは欲しいな、とは思っていたのですよね。

Kunitachi 8309

静かな面持ちに、秘めたる赤い情熱!!

Kunitachi 8310

情熱!!

で、さらに良いのが「MacBook Air」の下敷きとして使った時です。

Kunitachi 8311

本体をダイレクトにテーブルに置いたりすると、やっぱり多少は滑ったりすることもあります。そのままでも良いですが、このスリーブを下敷きにすると非常に収まりが良いのです。

Kunitachi 8312

また、どんな材質のところでも、気にならずにガシガシ置ける、というのも良いです。

色々な場所でブログを書くために「MacBook Air」を取り出し置くことがあるのですが、下敷きがなかなか使い勝手が良いのは驚きでした。

デザイン・手触りも良く、しっかりとホールドしてくれる「職人が作るオイルドレザースリーブ」は30〜40代くらいのビジネスマンに最適ですかね?

一般的なインナーケースと比較すると値段はちょっと張りますが、それだけの価値ある逸品だと思います。11インチ用もあります。

国立商店 職人が作るオイルドレザースリーブ for MacBook Air 13インチモデル(インナーカラー:レッド)

B005O74TVU