Apple cinema air 8181

27インチで世界が変わった!MacBook Airを神機に進化させる「Apple Thunderbolt Display」とアクセサリーのフォトレビュー | Chrome Lifeという記事が話題になっていたので、ぼくも最近の作業場をチョロリと公開。

もちろんiMacと比較すると、CPUやグラフィック性能では劣りますが、取り外してどこにでも持っていけるメリットは大きいので、筆者はMacBook AirにApple Thunderbolt Displayの組み合わせが神機に近い組み合わせだと思います。

MacBook Airに、Apple Thunderbolt Displayの組み合わせが神である、と。

個人的には、それなりに大きめ(広め)の外付けできる液晶モニタだったらなんでも便利かなーと思いますので、基本的に同意です。

Apple cinema air 8173

ぼくの場合は、仕事がら出先でブログを書くことがあるので、MacBookであることは必須です。持ち歩きということを考慮すれば、より軽く、より長く使えるMacBook Air 13インチがベストだと思います。

そして、外付けの液晶モニタを使っているのには、二つ理由があります。

一つ目。作業だけを考えれば、より広いデスクトップの方が当然、やりやすいですから、本体の液晶モニタよりも広い、外付けの液晶モニタを使った方が便利になります。

二つ目。MacBookなどのノートPCは、どうしても顔が下を向いた作業になるので、首に負担がかかります。そういう意味でも、仕事場では正面を向ける環境が必要と考えています。

このようなことから、2006年にブロガーとして独立してからは、

・外出先ではMacBookまたはMacBook Airで作業
・仕事場では液晶モニタを接続して作業

というスタイルを取ってきました。ちなみに、使用している液晶モニタは2006年当時に購入したApple Cinema Displayで、5年経過した今でも現役バリバリです。

「Apple Cinema Display」購入

最近は2〜3万円程度で購入できる液晶モニタもありますから、気に入ればなんでも良いのでは、と思っていますし、もし今、自分で購入するならそのくらいの価格帯のものを購入すると思います。

by カエレバ

もちろん、Apple純正製品で揃えた方がカッコイイ、というのはあるとは思います。

なお、仕事場で作業をする際は、外付けのキーボードと外付けのマウスを使用し、MacBook Airは閉じた状態で使用しています。

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

MacBook Airを開いてデュアルモニタ的にも作業することができますが、左右に首を振るのが疲れるので、閉じた状態で使っています(このあたりも好みだと思います)。

5年ほど、ずーっと変わらないスタイルで作業をしていたのですが、最近になって投入したアイテムがなかなか便利です。それが、USBポートと電源タップがついたモニター台です。

USBポートと電源タップ付きの便利モニター台(100-MR039)
USBポートと電源タップ付きの便利モニター台(100-MR039)セットアップしてみた → これはいいモノ!

Apple cinema air 8174

Apple cinema air 8180

これを投入したことで、液晶モニタ周りの活用度が上がりました。煩雑に見えていたケーブルの取り回しもスッキリしたし、ちょっとした小物も置けるようになりました。

Apple cinema air 8177

Apple cinema air 8178

まさか、こんな台でこんなに便利になるなんて、というのが正直なところです。

by カエレバ
by カエレバ

ということで、性能的にはiMacを購入した方が良い場合もあるかもしれませんが「たまに持ち歩くこともあるかも」という方には、MacBook Airと外付け液晶モニタの組み合わせはオススメですよ! MacBook Airも十分に高速ですからね!

Apple cinema air 8179

ぼくはMacBook Air 13インチですけど、自宅で使うことが多くてバッテリにそれほどこだわらないというのであれば、MacBook Air 11インチとの組み合わせも良いですね。

ということで、MacBook Air + 液晶モニタは素敵な関係ですよ、というお話でした!