2011-04-27_1259.png

「Thunderbolt」「Sandy Bridge」を搭載した、新しい「MacBook Air」が2011年6月に登場するかもしれない、というニュースがありました。

新「MacBook Air」、6月に登場か--「Thunderbolt」「Sandy Bridge」搭載の可能性という記事になっています。

アジアの部品サプライヤーからの最新情報によると、Appleは新しい高速データ通信ポート「Thunderbolt」およびIntelのプロセッサ「Sandy Bridge」(開発コード名)を搭載(もちろんIntelのグラフィックスチップを採用)した「MacBook Air」の量産を2011年5月末に開始する予定で、6月には製品が店頭に並ぶ見通しだという(この情報は、米CNETが2月に報じた内容を裏付けるものだ)。

まじっすか!

現行の「MacBook Air」もかなり魅力的ではあるのですが、唯一、キーボードのバックライトがないのが不満だったのですよね。

むしろ、ハードウェアの性能強化というよりは、キーボードのバックライトが搭載されれば、すぐにでも購入してしまいそうです。

「安価で軽量なMacBook Airは学生に最適で、米国において6月は新学期に向けて買い物を始める頃にあたる」という話も紹介されています。

さて、どうなるでしょうか?