Macbook Airの外付けバッテリを作ろう - Thirのノートというエントリーで「MacBook Air」用の外付けバッテリの作り方が紹介されています!

2008-11-07_1553.png

ちなみにこれは7月11日、iPhone 3Gの発売列に並んでいるときに外人さんやらMacbook Airファンやらに「どうやってお前は外部バッテリを作ったんだ?」と聞かれまくり、いずれブログに乗せるからアドレスを教えておくよHAHAHAと答えたものの2ヶ月以上書かなかった、という曰く付きなのですが、もう面倒になっていたので記述はかなり雑です。ごめんなさい。

「MacBook Air」用外付けバッテリを作ることができるのですか‥‥夢のような話です。

具体的な方法としては「Slim60」という外付け大容量バッテリを「MacBook Air」に接続できるようにするケーブルを自作する、というものです。

まず、Macbook Air用の充電ケーブルを切りましょう。半分に切ると長すぎるので、MagSafe側から15〜20cm程度だけを切ると良いと思います。

うわぁ、こんなことぼくにはできないです‥‥が、これがうまくいくと、下記のようなことになるそうです。

さて、こいつを使ってMacbook Airとslim60を接続すると、見事Slim60が外部バッテリとして使用できます。アップルの公称時間で計算すると、だいたいSlim60だけで10時間程度の使用が可能になります。

じゅ、10時間!

ほとんど丸一日、作業ができてしまいますね。ただし「Slim60」は520gくらいの重さがあるそうです。

もしユーザ数が多ければ「MacBook Air」用の外付けバッテリ、みたいなものも作られるのかもしれませんが(半分の重量に半分の時間だったらぜひ欲しい)。

とりあえず「Slim60」は既に生産中止となっておりまして、欲しい人は在庫を見かけたら購入しておきましょう。

【★送料無料中!】★エナックス Slim60USB(外付バッテリーENAXスリム60USB)

エナックス slim60 USB Y00-00141 USB ポート搭載で戦力アップ!モバイル機器や携帯電話等の充電...