「MacBook Air」のCPUの挙動がおかしかったので、MacBook AirのCPUがシングルになってしまう初期トラブル対策を参考にして「Processor.prefPane」をインストールしてみました。

single-cpu-02124.jpg

ソフトウェアの問題だと思うので、OSのバージョンアップですぐ対応されると期待してますが、シングルCPU化してしまうと、明らかにパフォーマンスが落ちるので、当面の対策としては、付属のInstall Disk2に同梱されているXcodeをインストールすると、一緒に含まれるプロセッサーコントロールの環境設定パネルを利用することをお進めします。

ぼくの場合は、とりあえず「Developer Tools」をインストールしてみました。

single-cpu-021213.jpg

「Processor.prefPane」のある場所は「Macintosh HD」内の、

/Developer/Extras/PreferencesPanes/Processor.prefPane

で、ダブルクリックでインストール開始です。

MacBook Air SuperDrive」も購入しておいて良かったな、と思いました。

single-cpu-021216.jpg

ここで明示的にCPUを二つに指定して、再起動すればOKです。メニューバーから表示されるようにチェックしておくと、次のように表示されます。

single-cpu-021217.jpg

きちんと二つで動作していれば「2」と表示されるはずです。

「Processor Palette」を表示すると‥‥

single-cpu-021218.jpg

CPUの活動状況も表示することができます。

これで問題回避できると良いのですが。しばらく試してみたいと思います。

追記:

いつもお昼過ぎにおかしくなるのでそろそろ‥‥と思っていたら、やはり調子がおかしくなりました。

core_single_again_1.jpg

見事にシングル化しています。

core_single_again_2.jpg

少し様子を見ていたら、デュアルに戻りました。

その後、すぐにシングルに戻ったので、強制的にデュアルに変更したら戻りました。不具合なのかと思っていたのですが、もしかしてこういうものなのでしょうか。

Apple Storeに行く機会があれば、聞いてみようと思います。

追記:

またCPUの挙動がおかしくなっているのですが、YouTubeなどの動画共有サイトで動画を再生すると、CPUがシングル化しています(再現性アリ)。

#ネタフル「MacBook Airカテゴリー」もどうぞ。

Apple Store(Japan)