2015 03 10 0935

待ってました! 待望の12インチモデルが発表されました。MacBook Airではなく、MacBookとして、です。重量は1kgを切る920g、薄さは13.1mm、それでいてバッテリー持続時間は9時間となっています。外部ポートは噂通り、割り切りのUSB-Cポートのみとなっています。これは、買う!

「MacBook 12インチ」のスペック

2015 03 10 0946

2モデルが用意されており、違いはCPUとストレージ容量となっています。

・IPSテクノロジー搭載12インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ

・1.1GHzまたは1.2GHzデュアルコアIntel Core Mプロセッサ

・8GB 1,600MHz LPDDR3オンボードメモリ

・256GBまたは512GB PCIeベースオンボードフラッシュストレージ

・Intel HD Graphics 5300

・ボディカラーはゴールド、シルバー、スペースグレイ

2015 03 10 0950

「MacBook 12インチ」USB-Cポートで何ができるか?

「MacBook 12インチ」では外部ポートがUSB-Cポートのみとなりました。充電の他、ビデオ出力などが可能です。

・充電

・USB 3.1 Gen 1(最大5Gbps)

・DisplayPort 1.2ビデオ出力に標準対応

・USB-C VGA Multiportアダプタ(別売り)を使用したVGA出力

・USB-C Digital AV Multiportアダプタ(別売り)を使用したHDMIビデオ出力

「MacBook 12インチ」USB-Cポートで何ができるか?

2015 03 10 1016

「MacBook 12インチ」のバッテリー持続時間は、ワイヤレスインターネット閲覧が最大で9時間、iTunesムービー再生が最大で10時間となっています。

Appleは「ノートブックの再発明」

2015 03 10 1015

Appleでは、12インチの「MacBook」を「ノートブックの再発明」と称しています。Airを冠さなかったのも、Airの一つのラインと思われるのを避けたのでしょうね。

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは次のようにコメントしています。

「Appleは新しいMacBookでノートブックを再発明しました。わずか2ポンドで13.1mmは、Macとしてはこれまでで最薄・最軽量になります。このMacBookで使われているコンポーネントはどれも革新性にあふれています。ファンレス設計に始まり、超薄型のRetinaディスプレイ、従来型より34パーセントも薄くなったフルサイズキーボード、新登場の感圧タッチトラックパッド、多機能なUSB-Cポート、そして、画期的な段状のバッテリーデザインに至るまで、新しいMacBookはノートブックの未来そのものです」

「MacBook 12インチ」は、筐体の全てが金属でつくられた最初のMacBookとなるそうです。

キーボードは従来より34%薄いそうで、キータイプを不安視する向きもあるようですが、これに関しては慣れでしょうね。キーボードにはLEDバックライトも内蔵されています。

Retinaディプレイはアスペクト比16:10、薄さは0.88mmで、これまでで最も薄いディスプレイとなっています。各ピクセルの口径が大きくなったことから効率性が向上し、省エネルギーも実現しているそうです。

「MacBook 12インチ」は「強めのクリック」という新しいジェスチャーに対応した、感圧タッチトラックパッドも搭載しています。「強めのクリック」は、クリック後にトラックパッドを押し込む動作です。

「MacBook 12インチ」の価格

「MacBook 12インチ」は2015年4月10日より発売開始となります。Apple Online Storeでの価格は2種類です。

148,800円:

1.1GHzデュアルコア Intel Core M プロセッサ(Turbo Boost時は最大2.4GHz駆動)、8GBメモリ、256GBフラッシュストレージ、Intel HD Graphics 5300

184,800円:

1.2GHzデュアルコア Intel Core M プロセッサ(Turbo Boost時は最大2.6GHz駆動)、8GBメモリ、512GBフラッシュストレージ、Intel HD Graphics 5300

違いはCPUとストレージの容量です。

「MacBook 12インチ」どのモデルを買う?

2015 03 10 1017

いよいよ、きました、12インチ。今、使っているMacBook Airが2011年から使用しているものなので、乗り換え準備はOKです。サイズ、軽さはさることながら、PowerBook G4 12インチを使っていた身としては、もう12インチというサイズ感だけで"買い"です(11インチだと小さい)。

USB-Cポートが1ポートのみというのも、全く心配していません。むしろ、自宅で使用する際にポートを一つ繋ぐだけというのは簡単で良いと思います。もちろん、その先はドック的な何かになっている必要がありますが、これまたPowerBook Duoとかありましたし、そういう使い方の方が個人的には好きです。

ボディカラーはゴールド、シルバー、スペースグレイとありますが、これまでと違う色ということではゴールドかスペースグレイになります。ゴールドはちょっと自分には合わないと思うので、やはりスペースグレイでしょうか。

148,800円か184,800円かという点ですが、CPUの違いは小さいのかな、と思います。差になるのは256GBか512GBか、というストレージでしょうね。今は256GBは使い切っていないですがギリギリ。ただ、使用しないアプリやデータも少なくないと思うので、ここいらで見直して256GBでも良いのかな、という気もしています。

いずれにせよ「MacBook 12インチ」が手元に届くのが楽しみです!!

追記:で、実機はどうなのよ?「MacBook 12インチ」動画をまとめてみたという記事も書きました。