スポンサードリンク

Apple、MacのCPUをIntel製から自社製プロセッサへ2020年に切り替えへ

スポンサードリンク

Appleが自社製チップを採用か

Appleが、MacのCPUをIntel製から自社製プロセッサへ2020年に切り替えるようだとBloombergが伝えています。Apple Plans to Use Its Own Chips in Macs From 2020, Replacing Intelという記事になっています。

スポンサードリンク

これによると、早ければAppleは2020年にMacのCPUをインテル製から自社製のプロセッサに切り替える計画であると、計画に近い人物が話しているようです。

このプロジェクトは「Kalamata(ギリシャ共和国ペロポネソス地方にある都市)」というコードネームで呼ばれており、Appleのデバイスをよりシームレスに動かすものだそうです。

自社製チップを採用することで、Appleはよりハードウェアとソフトウェアを密に開発することができることから、よりバッテリーの持ちがよくなる可能性があるともしています。

また、AppleではiPhone/iPadのアプリをMacでも動作させる「Marzipan(マジパン)」というプロジェクトも行っており、これにも関係してくるのではないかと見られます。

MacのCPUがApple製になれば、そこでiOSアプリを動かすのも難しいことではなくなるでしょう。

いきなり全てのモデルをApple製CPUにリプレイスするのではなく、MacBookのようなローエンドのモデルから入れ替えてくるような気もします。

macOSとiOSの境界線が無くなる日も、遠くないかもしれません。

スポンサードリンク

前へ

Switchが牽引!2017年度家庭用ゲーム市場規模は3878.1億円 〜2年連続で前年比増

次へ

【Kindleセール】集英社 春のデジタルマンガ祭「春マン!!2018」開催中