スポンサードリンク

MacBookのディスプレイにしみができる「Staingate」事件!?

スポンサードリンク

2015 07 16 1016

購入したばかりの12インチ「MacBook」のディスプレイにしみができる問題が発生!? と思い、MacBookのディスプレイにしみが? 「Staingate」海外で騒ぎにという記事を読んだら、2013年発売のMacBookで多く発生しているようです。

スポンサードリンク

しみは購入から7カ月後あたりから現れ始め、ディスプレイの端に生じるものや、真ん中に大きく現れるケースもあるという。Webサイトにはさまざまなしみの写真が掲載されている。

サイトの写真を見ると、確かにMacBookの液晶ディスプレイの端だったり、中央だったり、しみのようなものが付着しています。手の脂にも見えるのですが、拭いても取れないから問題になっているのでしょうね。

2015 07 16 1021

確かにここまでしみが広がっていると普段の使用にも支障がありますね。しかし、何が原因でこんなことになってしまっているのでしょうか。何かが付着し、それを放っておくと何かの変化が起きるのでしょうか。

改善を訴えるユーザーは、この問題を「Staingate」(ステインゲート)と呼んでいる。stainは日本語で「しみ」。

Appleはユーザーサポートに問い合わせて欲しい、としているそうです。

スポンサードリンク

前へ

「Tinker」オープンソースでダウンロードできるカフェレーサースタイルのバイク

次へ

【Kindle】Amazon Kindle、約1,500冊が対象の「最大30%ポイント還元セール」実施中!「酒のほそ道」「喰いしん坊!」「仙台ぐらし」「狭小住宅」など