WindowsユーザーがMacを使うときの壁--ビジネスで使うMacレビューというコラムがありました。

さて、今回はMacBookをお借りして、WindowsユーザーがMacを初めて仕事や勉強で使う時の感想やポイントなどをレポートしていきたいと思っています。レビューは計3回を予定していますが必要があればブログでもフォローするつもりです。

「WindowsユーザーがMacを使うときの壁」ということで、ビジネスシーンでWindowsユーザがMacを利用するとどうなるか? という話が綴られています。

新たにインストールしたソフトを見ると「Microsoft Office」や「VMware Fusion」が並んでおり、Windowsとの互換性を意識したものになっています。

「最近ウェブ関連のプロジェクトでMacユーザーであるデザイナーとのやりとりも多く、自分もMacを使うことでやりとりやウェブサイトのデザイン検証を楽に進めたい」という思惑があったそうです。

「WindowsのExplorerにあたるのがFinderであるということがざっくり理解できれば、あとはもう慣れの問題」としています。

長くMacを使っていると当たり前のことでも、別の視点を通して見るとなかなか興味深いです。

そういえば「MacBook Air」のハードディスク残量が少なくなった関係で、ほとんど使うことのなくなっていたMicrosoft OfficeとParallelsをアンインストールしました。