Top 10 Things You Forgot Your Mac Can Doというエントリーより。

From pure eye candy to outright productivity-boosters, read on to get reminded of some of the more obscure things you can do with your Mac, fresh out of the box.

Lifehackerが、Mac OS X "Leopard"でこなんことできまっせー的なTipsを10個、紹介しています。

見たり聞いたりしたことあったけど忘れてた! みたいなこともあるかもしれません。興味のある人は確認してみてください。

10. 「ターミナル」からMacを喋らせる

say -f mytextfile.txt

9. StacksとDashboardをスローモーション表示

シフトキーを押しながらDockからStacksを開いたり、F12でDashboardを表示するとスローモーションに。

8. デスクトップの角をアクティブに

デスクトップの四隅に、システム環境設定からアクションを割り当てることができます。

2008-05-15_1528.png

7. カスタムハードディスクアイコンを表示

デジタルカードのメディアや外付けハードディスクなどのアイコンを変更することができます。「情報を見る」からアイコン部分を、コピー&ペーストで変更できます。

6. キーストロークで辞書検索

単語を選択して「Appleキー + controlキー + D」で辞書検索になります。

2008-05-15_1536.png

5. Spotlightからアプリケーションを起動

Spotlightにアプリケーションの名前を入力して、ランチャー代わりに使用することができます。

2008-05-15_1539.png

4. Tabキーで操作対象を移動する

Tabキーを押して、ウィンドウやダイアログ内の操作対象を移動することができます。システム環境設定→キーボードとマウス、で設定します。

2008-05-15_1541.png

3. ページをズームする方法

プレゼンテーションの時などに便利なのですが、ページをズームして表示することができます。システム環境設定→キーボードとマウス、で設定します。

2008-05-15_1545.png

2008-05-15_1547.png

Mac OS X 10.4.8、マウススクロールでズーム機能が追加も参考にどうぞ。

2. メニューバーに日付を表示

システム環境設定→言語環境→書式から「時刻」をカスタマイズして日付も表示できるようにします。方法はコチラのエントリーから。

1. ターゲットディスクモード

Tキーを押しながらMacを起動するとターゲットディスクモードで起動するので、別のMacにFirewireで接続して、巨大なファイルを転送したりすることができます。

/////

ネタフルでは、

Macに"Switch"する人のためのソフトとTipsのまとめ

というエントリーも書いていますので、ぜひそちらも参考にしてください。

Apple Store(Japan)