Macworld Expoの基調講演の最初に発表されたのは「Time Capsule」と呼ばれるハードウェアでした。

Timecapsule1

Mac OS X "Leopard"では「Time Machine」というバックアップの新機能が搭載されましたが、「Time Capsule」はハードディスクを内蔵したAirport Extremeベースステーションです。

MacBook Air」のためにあるといっても良いでしょうか、外付けのハードディスクではなく、WiFiでバックアップすることが可能になります。

Time Capsule」はMac OS X "Leopard"では「Time Machine」とシームレスに連携するそうです。複数のMacがあっても、それぞれをバックアップしてくれます。

500GBモデルと1TBのモデルがあり、価格はそれぞれ35,800円と59,800円です。

Time Capsule

Apple Store(Japan)

以下に関連記事をまとめておきます。

アップル、HDD+AirMac Extremeの「Time Capsule」を投入

新製品のTime Capsuleは、IEEE802.11n(ドラフト 2.0準拠)/a/g/bに対応した無線LANルータ機能を内蔵したNASで、無線環境でMac/Windows PCのバックアップを気軽に行なえるのが特徴だ。

■Macworld Expo関連エントリー

「Macworld 2008」基調講演を中継するサイトのまとめ
「Macworld Expo 2008」基調講演レポート
「MacBook Air」注文完了!
「MacBook Air」まとめ
「Time Capsule」まとめ
「iPhone/iPod touch」まとめ
「Apple TV」まとめ
「Macworld 2008」で発表された製品のまとめ