アップルが打ち出す、「Macは軽い」という新常識という記事より。

「軽い」、「薄い」はそのものズバリ、重量が軽く、液晶を閉じたときの高さが薄いことを指す。「長い」はバッテリ連続駆動時間が長いこと。そして、「安い」は当然、価格が安いという意味だ。

「MacBook Pro(Core 2 Duo)」で、「軽くて薄くて長くて安い」というメッセージが発信されようとしているそうです。

これまでのMacとの比較ではなく、あくまでもWindows PCとの比較となっているそうで、「新たなMacBook Proは、Core 2 Duoを搭載したWindows PCと比較しても、軽さ、薄さ、長さ、安さで劣る部分がない」とアップルの人。

確かに、同クラスのWindows PCと比較すると、「MacBook Pro(Core 2 Duo)」はサイズその他の面で決して劣っているということはないのでしょうね。

さらにアップルが打ち出そうとしているメッセージが「きれい」だそうです。

アップルの最大の特徴である優れたデザイン性は、残念ながらWindows PCには追いつけない部分でもある。

確かに。これは外観もそうですけど、OSに関しても言えますね。

記事にもありますが、

順当に考えれば、近い将来には、MacBookにもCore 2 Duoが搭載されることになるはずだ。

このあたりで、Appleのもう一勝負な感じかもしれません。

さらに「日本人にこそ分かってほしい」 新MacBook Proの魅力というインタビュー記事もありました。

例えばこの節目のない美しい筐体や、肌触りのいい表面仕上げ、そしてエッジの切り方。実はこうしたクラフトマンシップ、匠の技にも通じる“モノ”としての質の高さ、そして先ほど紹介したiSightインジケーターのような、細かいところにまでいたるこだわり——こういった部分は審美眼の磨かれた日本人にこそ理解してもらえるものだと信じています。

同じ担当者が回答しているので、内容的には似ていますが、「MacBook Pro」の購入を検討している人は、こちらも必読かもしれません。

Apple Store(Japan)