MacBook Proが待望のCore 2 Duoにという記事より。

15インチ/17インチの3モデル構成は従来通りだが、CPUは全モデルで4Mバイトの2次キャッシュを備える7000番台のCore 2 Duoに刷新されている。また、メモリやHDD容量、光学ドライブもアップグレードされた。

MacBook Proが、いよいよ「Core 2 Duo」搭載になりました。基本的な仕様はあまり変わらずに、メモリ、ハードディスクの容量、光学ドライブがアップグレードされているようです。

「13.3インチ液晶搭載モデル「MacBook」への搭載も期待されるところだ」ということですが、ようやくMacBookとの明確な差ができたのに、すぐにアップグレードしますかね。価格はそのままでアップグレードしたら、それはそれで“買い”ですが。

アップル、新しいMacBook Proを発表-Intel Core 2 Duoを搭載によると、

17インチおよび15インチの上位モデルに採用されたIntel Core 2 Duoプロセッサ(2.33GHz版)は、4Mバイトとの共用L2キャッシュを備えており、従来の2.16 GHz版MacBook Proと比べて最大39%、またPowerBook G4と比べて7倍以上高速になっている。

という性能アップを果たしています。

Apple Store(Japan)

■関連記事

アップル、MacBook ProにCore 2 Duo搭載

共通の仕様として、スロットローディング式2層記憶対応+R対応SuperDrive(DVD+R/DVD±RW/CD-RW)、内蔵iSightカメラ、フルサイズ・バックライト・キーボードなどを備える。また、Apple Remoteコントローラが同梱される。

アップル、Core 2 Duo搭載の「MacBook Pro」- 最大39%の高速化

バッテリ駆動時間は15インチモデルが最長5時間、17インチモデルが同5.5時間。