Mac Pro+Boot Campのパフォーマンスをチェックするという記事より。

本製品に触れる機会を得たので、ここではBoot Campを使用してWindows XPをインストールし、本連載で普段から試しているベンチマークでどの程度のスコアが出るかを試してみたい。

Parallelsが思ったよりいいので(たまーに落ちますが)、個人的にはBoot Campの出番というのはまだ一度もきたことがないのですが、時にはMacをWindowsにしてガシガシ動かす人もいるでしょう。

ということで「Mac Pro」でBoot Campのベンチマークをしている記事です。

当然ながら動作クロックの低いMac Proに分が悪い結果にはなっているが、2.66GHzのXeon 5150は、比較に用いた3GHzのXeon 5160の90%弱のクロックとなる。スコアも、おおよそ90%弱の値で安定しており、CPUの性能はうまく引き出されていることが確認できる。

普通にWindowsマシンとしての性能が出ているようですね。

Apple Store(Japan)