Mac Proが発表され、ついにMac Pro、iMac、MacBook Pro、MacBookのマトリクスが完成しました。全ての製品には「Mac」がついたことになります。

PowerBookを使っているのに、それをMacと呼ぶのは微妙に抵抗感があったのも確か。これでJobs氏の一つの狙いが完成でしょうか。

CPUは、デュアルコアのIntel Xeon 5100シリーズ“Woodcrest”が2基搭載されて、クアッド構成になっています。

それにしてもこれだけ短期間でIntel Macへの移行を完了してしまったAppleは凄いですね。1年とかかっていない訳ですからね。

Mac Pro

■関連記事

アップル、Core Microarchitecture搭載のMac Pro〜Xeon 5100 2基でクアッド構成

Xeon 5150(2.66GHz)×2、1GBメモリ(PC2-5300 FB-DIMM)、NVIDIA GeForce 7300 GT(256MB)ビデオ、250GB 7,200rpm SATA HDD、最大16倍速SuperDrive (DVD+R DL/DVD±RW/CD-RW)。

「Mac Pro」「Xserve」がXeon搭載で登場—Intel Macラインアップ完成

ケースは従来機とほぼ同じだが、光学ドライブ用スロットが追加され、内部のドライブベイは増え、500Gバイトのハードディスクを4台内蔵できるようになった。これは、必要な冷却装置がG5プロセッサよりも大幅に簡素化されたからだという。

Intel Macの真打ち登場 - 噂の"Mac Pro"の実力速報

CPU Testの値は138.28と、MacBook Pro(Core Duo 2.0GHz)の約2倍。コア数はともかくクロック数からいえば、順当な値といえるだろう。一方、Thread Testは532.96と、MacBook Proの2.7倍近い値。Power Mac G5 Dual 2.0GHzと比較して5倍以上

WWDC 2006でXeon搭載のMac Proが登場

基本仕様では、米国価格が2,499ドル。日本市場では319,800円となる。

最後のIntel Mac製品「Mac Pro」「Xserve」がついに登場—次期Mac OS X “Leopard”のプレビューも公開

Mac Proでは拡張性が強化されており、デュアルコアXeonを2基搭載して4-wayのクワッドコア動作に対応するほか、8つのメモリスロットで最大16Gバイトのメモリ、4つのHDDドライブベイにより最大2Tバイトまで内蔵可能なストレージベイなどを実装する。

Apple、Xeon搭載の「Mac Pro」「Xserve」発表、Intel CPUへの移行完了

AppleによるとMac Pro Quad Xeon 3.0GHzとPower Mac Quad G5 2.5GHzのパフォーマンスを比べた場合、Mac ProがSPECint_rate2000で2.1倍、SPECfp_rate2000で1.6倍を実現しているという。

Macの次期モデルをCPUから考える

たとえば10.6型ワイド液晶、Intel Core Solo超低電圧版のMac Book miniのような製品があっても悪くない。ただ、こうしたサブノートMacは、大昔から(筆者の知る限り'80年代から)日本のMacファンが渇望しながら、一度も実現していない製品ジャンルでもある。Appleはあまり興味がないのだろう。