スポンサードリンク

モニタを叩いて仮想デスクトップを切り替える「SmackBook Pro」

スポンサードリンク

ジェスチャーによるウィンドウ切り替え、without マウスというエントリーより。

液晶の左右をポンと軽く叩くと、仮想画面がそれに合わせて切り替わる。とても直感的な操作だ。

スポンサードリンク

サイボウズラボの秋元さんのブログで紹介されていた動画。まあ何も言わずに見て下さい。

どう? 驚きました?

これを言葉で説明するのはなかなか難しいのですが、いわゆる目に見えているデスクトップとは別に、仮想的なデスクトップが存在しており、モニタを叩くことでそれらを切り替えている動画です。

MacBook Proで、デスクトップマネージャーとモーションセンサーを組み合わせて実現しているようです。モーションセンサーは、Mac本体が落下するのを検知し、ハードディスクを守ってくれる機能です。つまり、MacBookの傾きや衝撃を検出してくれるものなのでしょうね。

そのモーションセンサーをうまく使い、叩かれたのに反応してデスクトップが切り替わると。凄いアイデアです。モーションセンサーに、こんな使い方があったなんて!

ちなみに詳しい方法は、SmackBook Proにて書かれています。なんとなく分かるけど、自分で実験するのは難しそう。

なお、モーションセンサーを利用するアプリケーションには、MacBookをライトセーバーにする「MacSaber」もあります。

スポンサードリンク

前へ

無線探知機 x 無線アダプタ x アクセスポイント「電波男」

次へ

投票で面白いニュースが分かる「ブログ・ミームズ」