Intel Mac投入で分岐路に立つMacintoshという記事より。

筆者がIntelプロセッサ搭載Macintoshに興味を持っているのは、仕事で使っているデスクトップPCをPowerMac G5へと完全に移行させてしまったからだ。

仕事で使っているデスクトップPCをPowerMacに移行してしまった本田氏のレポート記事。へー、そうなんですか。それだけに興味津々で読ませて頂きました。

別段、Windowsに失望したわけでも、Windowsが嫌いなわけでもないが、デスクトップ機での主な作業になっているカラーイメージング処理を行なうにはMac OS Xの方が便利なことが多い。

なるほど、そういう理由があったのですか。

そして気になるのが「利用頻度の高いWebブラウザに関しても、互換性はともかく表示の見やすさではSafariの方がいいとも思う」というところですね。

これを挙げる人は多いですね。

同じウェブサイトを見ても、MacとWindowsだと全く別ものに見えてしまうことがしばしばあります。フォントの問題が大きいと思うのですが。ぼくもSafariのウェブブラウズは好きです。優しい感じがしますから。

もしMacBook Proのデキが良いのであれば、いっそのことノートPCもMac OS X環境に移行してもいいとも考えている。パフォーマンスの面でも、ハードウェアレベルでの障害はなくなった。

ですねぇ。ただ、重さはポイントですよね。Appleが12インチモデルをどのようにリニューアルしてくるのか、そればかりが気になります。

そしてもう一つのポイントは、

加えて「積極的には取り組まないが、邪魔をするつもりもない」というWindowsとの互換性も、今後は話題になっていくだろう。

ここですね。デュアルブートではなく、Mac上でシームレスにWindows環境が動作しい欲しいのですよ、一番は。

Core DuoではIntel Virtualization Technologyが利用可能なため、Mac OS X上でVT対応PCエミュレータが走るようになれば、PCとMac、両方のアプリケーション環境を1台でカバーできる

これが最も望ましい状態ですね。記事によればVMwareが対応の意向を示しているそうなので、この辺は期待していますますね。

なにしろIntel Insideな訳ですから、単なるエミュレーションではなく、やっぱりそれ以上を期待したいところなのであります。