アップル、デュアルコアPPC G5を2基搭載した「Power Mac G5 Quad」発表という記事より。

アップルコンピュータは20日、デュアルコアのPowerPC G5を搭載した「Power Mac G5」の新ラインナップを発表した。外観のデザインに変更はないが、内部構造が従来のPCI-XからPCI Expressに一新された。

見た目は変わっていないけれど、中身が大きく変わっているそうです。「Quad」という名称は、往年の「Quadra」シリーズを思い出します。あれも素敵な筐体でした。

最上位モデルの「Power Mac G5 Quad」は、その名前が示す通り、コアあたり1MBの2次キャッシュを備えるデュアルコア 2.5GHz PowerPC G5を2基搭載。クアッドコアプロセッシングに対応する。

完全にプロユースという趣きです。

PowerMac G5

powermacj_120x90.gif

■関連記事

アップル、デュアルコアPowerPC搭載のPower Mac G5〜PCI Expressアーキテクチャーに一新

主な仕様は、512MB DDR2メモリ、250GB SATA HDD、最大16倍速Super Drive(DVD+R DL対応)、PCI Expressスロット×3、NVIDIA GeForce 6600(256MB)の構成。Apple Storeの直販価格は399,800円。

アップル、Power Mac G5とPowerBookを刷新――画像処理ソフト「Aperture」も発表

「プロセッシングコアが4つになり、また新たにPCI Expressアーキテクチャーが採用され、Nvidiaから出ているワークステーション向けの最速カードが搭載されたことで、新しいPower Mac G5 Quadは、われわれがこれまでに開発したなかでも最も強力なシステムとなっている」

フォトレポート:アップルの新Power Macと新PowerBook、その全貌