「Mac miniの部品コストは5割強」――アナリストが分解調査という記事より。

Mac miniを分解してみた同社のアナリストによると、部品の合計金額はおよそ274ドル69セントになるという。

面白い調査ですね。iSuppliという調査会社が調べた結果だそうです。

この金額には知的財産、ソフトウェア、ライセンス料、出荷、マーケティングなどの費用が含まれていないため、実際のコストはもっと高くなると。

Appleはコスト削減のために、PC用の技術や部品を多数流用している。光学ディスクドライブなどは、標準的なラップトップ用のものが採用されている。チップセットも、部品を2点から1点に削減している。

様々な工夫が見られるそうです。しかしあまり割のいい製品ではない、ということになるでしょうか。しかし、Appleユーザの拡大を牽引しているのはMac miniですから、そういう意味では重要なポジションにあります。

「Mac miniは全般に集積度が高く、iSuppliがこれまで分解したなかで最先端のシステムだ」と調査会社のコメント。