Mac miniにピッタリの「itemズ」を探そう! -切替器編-という記事。

Windows用のUSBキーボード、マウスを流用できるアップルコンピュータの「Mac mini」。だが、Windowsユーザーとしてはデバイスを都度つなぎ替えたり、ましてやWin/Macそれぞれに1セットを揃えたりするのではなく、1組のデバイスでWin/Macを切り替えて使いたい、というのが本音だろう。

ということで、キーボード、マウス、ディスプレイに対応した切替器「KVMスイッチ」の比較がされている記事です。個人ではこんなの難しいですから、非常に参考になりそうです。Mac miniを購入したみなさん、是非参考にしてください。

ちなみに、Keyboard、Video、Mouseの頭文字で「KVMスイッチ」というそうです。

今回試用した4製品はいずれもタイムラグはほとんどなく、実用上問題はなさそうである。唯一、Eddesse製品がWin→Mac切替時に無反応時間が筆者の環境では2秒ほどあったが、致命的ではなく、十分に使用に耐え得るといって良いだろう。

ATEN「CS-1762」(プリンストン)をAmazonで見てみる
サンワサプライ「SW-KVMA2DVU」をAmazonで見てみる

SW-KVMA2DVU CPU自動切替器(2:1)

コレガ「CG-PC2UDA」をAmazonで見てみる

CG-PC2UDA DVI専用自動切換器 2port

エヌエムアイ「Edesse DVI」をAmazonで見てみる