「PC用でも大丈夫?」——いろんなキーボードでMac miniを動かしてみたという記事より。

うわさのMac mini。小ささと低価格とで、Macユーザーのみならず、多くのPCユーザーの食指も動かしているという。さて今回は、いろんな種類のPC用キーボードをMac miniにつなげてあれこれいじってみた。

最初の方でMac miniを重箱と一緒に並べてみたり、CDと重ねてみたりしているのですが、本体自体が小さいことはよく伝わってきます。重箱とはジャストフィットです。面白い。

しばらく使ってみて実感したのだけど、Mac miniは静かだ。アップルにはかつてCubeや初代iMacのようなファンレスのマシンが存在した。それにくらべMac miniには1つファンが入っている。それはなんとなく後退のように感じていたのだけど、そんなことはなかった。普通に使っているぶんにはこのファンはほとんど音を感じさせない。

リビングで使う/使わないに限らず、小さくて静かなのはポイントだと思います。

ということで、かなりいろいろな種類のキーボード、マウスが実験されているのですが、どれも問題なく接続できているそうです。しかし日本語キーボードでは問題があり、

PC用のJIS配列の日本語キーボードをMac miniにつないだとき、現状のMac OS Xは、それを英語のANSI配列だとして認識してしまう。SHIFT+2を押したとき、キーボードの刻印は「”」なのに入力されるのは「@」だ。Mac OS Xはキーボードをの種類を自動認識するのだけど、その認識を間違えるわけだ。

このようになってしまうそうです。「この思い込みを設定などで訂正することは、現状ではできない」そうです。

サンフランシスコで「お手持ちのキーボードがつながる」といったジョブズは正しい。そこにあるのは英語キーボードだから。でも、それを日本にもってくるときにはそれなりのことはちゃんとしてほしいのである。

確かに。そんなに高くはないので、キーボードも買ってしまうというのが一番安心かもしれませんが、使い慣れているキーボードというのもありますからね。

Apple M9034J/A Apple Keyboard

Apple M9034J/A Apple Keyboard