サンフランシスコで発表されると噂のあった、新しいPowerBook G4が発表されました。次のようなラインナップです。

12インチモデル -コンボドライブ、1.5GHz、60GB
12インチモデル -スーパードライブ、1.5GHz、80GB
15インチモデル -コンボドライブ、1.5GHz、80GB
15インチモデル -スーパードライブ、1.67GHz、80GB
17インチモデル -スーパードライブ、1.67GHz、100GB

クロックアップはもちろん、指でトラックパッドを垂直または水平方向になぞるとスクロールが有効になる特徴的な新機能「トラックパッドスクロール」、落下に対する「緊急モーションセンサー」を装備。一番ローコストなモデルは169,800円ですからね。安っ! という感じです。これが最後のG4搭載PowerBookになるでしょうか?

▼Apple StoreでPowerBookシリーズを見る

■関連記事

アップル、PowerBook G4が一新

主な変更点は、CPUのクロック向上、HDDの5,400rpm化、3次元加速度センサーによるHDDの待避機構、最大3MbpsのBluetooth 2.0+EDR搭載、AirMac Extreme(IEEE 802.11g)無線LANと512MBメモリの標準装備、など。価格もほとんどのモデルで引き下げられた。

アップル:落下時にHDDを保護する新型『PowerBook』

落下すると加速度センサーが瞬時に反応。ハードディスクの読み取りヘッドをディスクから遠ざけ、盤面が傷つくのを防止する。

アップル、新スクロール機能と耐衝撃機構を搭載した「PowerBook G4」

全モデルが512MBのメモリ、AirMac 802.11g、Bluetooth 2.0+EDR、「スクロールトラックパッド」を搭載する。新たに追加されたスクロールトラックパッドは、高速スクロールを実現する機能で、2本の指でトラックパッドをなぞることで、あらゆる方向への素早いスクロールが可能になるという。また、15インチおよび17インチモデルは、環境光センサー付きバックライトキーボードを装備する。