アップルに500ドル未満の新型Mac発表の噂という記事がありました。

Apple ComputerがMacworld Expoでどんな製品を発表するかを予想することは、熱心なMacファンにとって毎年恒例の行事となっているが、一部のウェブサイトでは同社が新しいユーザーをターゲットにした500ドル未満のデスクトップをリリースするのではないかと予測している。

2005年1月10日〜14日にサンフランシスコで開催されるMacworld Conference & Expoでどんな製品が発表されるのか、Appleユーザにとっては気になって仕方のないところですが、Think SecretApple Insiderといった噂系サイトでは、

発表が噂される499ドルのMacは、モニタが別売で、256Mバイトのメモリ、1.25GHzのPowerPC G4プロセッサ、そして40〜80Gバイトの容量を持つハードディスクを搭載するものになるという。

こんな記事が掲載されているそうです。

元ネタになっているThink SecretのEXCLUSIVE: Apple to drop sub-$500 Mac bomb at Expoという記事によれば、

・コードネーム「Q88」
・PowerPC G4 1.25GHzを搭載したiMacファミリー
・小さくてフラットな筐体
・Xserveに似た厚さ1.73インチ

こんな感じであるとも。スペック的には目新しさはないようですが、デザインは興味がありますね。これだけ見ていると、ピザボックスMacintosh LCを思い出します。G5だったらかなりそそられたかもしれないなぁ。

Appleがこのような動きに出れば、iPodの波及効果――iPodを買った顧客がAppleの別の製品を購入する――がさらに勢いを増す可能性がある、とMunsterは考えている。同氏によると、499ドルという価格設定なら、Windowsユーザーや新規のコンピュータ購入者も納得してMacintoshを選ぶ可能性があるという。

確かに既にモニタを持っているならば、499ドルで購入できるMacはなかなか魅力的かもしれません。日本だと7〜8万円くらいの値付けになるんでしょうか? 59,800円とかだと‥‥それはないかな?