Apple、iBookの無償修理プログラムを開始です。

米Apple Computerは1月28日、iBookの特定のモデルに関して、3年にわたる世界的な修理プログラムを立ち上げた。対象となるiBookは、内蔵あるいは外付けのモニタの表示に問題が起きる可能性がある。

2002年に投入されたiBookの一部に、ロジックボードの不具合により表示の問題が生じることが確認されたそうです。

対象となるのは、シリアルナンバーUV220XXXXXX~UV318XXXXXXで、2002年5月から2003年4月にかけて製造されたモデル。

「世界的な修理プログラム」ということなので、恐らく日本で購入したモデルも対象になるのでしょう。気になる方は、一度シリアルナンバーを調べてみると良いでしょう。

■関連記事

iBook無償修理プログラムについてのFAQが公開

アップルコンピュータは2月3日、iBookの無償修理プログラム「iBookロジックボードリペアエクステンションプログラム」についてのFAQサイトをオープンした。

iBookのロジックボードに欠陥――アップル、修理プログラムを開始

Appleは、販売後3年以内のマシンについては、同社で費用を負担し、またすでにこのロジックボードの問題で修理を行いその費用を支払っているユーザーには代金を払い戻すとしている。