ついに20インチ画面付き――iMacの新モデル登場、G5 1.8GHzもデュアルにということです。iMacが20インチかぁ。凄いな。

新たに登場したiMacの画面は、最大で1680 x 1050ピクセルの解像度を持つもので、2枚の書類を横に並べて眺めることができ、またビデオ編集などを行う際には、これまでよりも余裕をもって作業を進めることができるという。

20インチのiMacは1.25GHzのPowerMac G4プロセッサを搭載し、メモリー256MB、80GBのハードディスク、米NvidiaのGeForce FX Ultra 5200グラフィックチップ、SuperDrive DVD-R/CD-RWドライブを搭載して249,800円だそうです。同じ構成で17インチだと199,800円です。液晶の大きさの違いだけってのが悩ましいですね。だったら大きい方で、って思わずなってしまいそうだ。

■関連記事

iMacにシネマディスプレイが載った──アップル新製品説明会レポート

従来の15インチ、17インチモデルは、「スタジオディスプレイ」並みの液晶を使っていたのが、20インチはアップルの誇る「シネマディスプレイ」と同じ液晶を使ってきたのだ。

Apple製品担当者、20インチiMacを語る

iMacの画面サイズが改訂されたのはこれで2度目だが、Appleによれば、大きな画面サイズになったからといってiMacを設計変更する必要はなかったという。

Apple、20インチディスプレイ搭載のiMac新モデル

これによって、マルチメディア用途でiMacの魅力が高まるとともに、Power Macユーザーの選択肢が広がるとしている。

アップル、20インチワイドスクリーン搭載のiMacを発売 - 新Power Mac G5も

一体型としては驚異的ともいえる20インチフラットパネルディスプレイの解像度は1,680×1,050と、15インチモデルと比較すると2倍以上の表示領域を持つ。

米Apple、20インチ・ディスプレイを採用した新しいiMacを発表

20インチ・ディスプレイのiMacは、最高解像度が1680×1050ピクセル。通常のCRTディスプレイの2倍に該当する輝度、鮮明度、コントラスト比を実現しており、ビデオ編集、DVDの作成、鑑賞、Webブラウジングなどに適している。

米Apple、「Power Mac G5」のデュアル1.8 GHzモデルを出荷

今回発表されたデュアル1.8 GHzモデルは、それぞれ900MHzのFSB(Front Side Bus)を備え、14Gバイト/秒の帯域幅を持つ。メモリーは、8GBまで拡張可能。64ビットの処理能力を提供すると同時に、32ビットのアプリケーションにもネイティブで対応する。

アップルコンピュータ、デュアルPowerPC G5-1.8GHzの『Power Mac G5』と20インチワイド液晶搭載『iMac』を発売

アップルコンピュータ(株)は18日、PowerPC G5-1.8GHzをデュアル構成で搭載したデスクトップパソコン『Power Mac G5』を同日付けで発売すると発表した。価格は29万9800円。また19日付けでシングルプロセッサーの1.6GHzモデルの価格を19万9800円に、デュアル2.0GHzモデルの価格を34万9800円に値下げする。