ぐはっ。父さんたまりません。普段はApple好き故に、厳しいことを書いてしまうぼくですが、G4のiBookが124,800円というのは、かなりキました。OSはもちろんPantherです。

「iBook G4」発表、10月25日発売

256MバイトDDR SDRAMとスロットローディング式DVD-ROM&CD-R/RWコンボドライブ、USB 2.0×2ポート、FireWire 400(IEEE 1394)

スペックも申し分なし。持ち運ぶと思えば、12インチで問題ありません。しかも、25日はぼくの誕生日なんですよね。何か運命的なものを感じてしまうな。誰かプレゼントしてくださいませんか(今までこのようなことを書いて実現したことなし)。

同時に「eMac」の新モデルも発表しされましたが、こちらは最低価格のモデルが94,800円ということで、10万円を切ってはいるのですが、価格的なインパクトからすると、もう一声、あと5,000円安かったらなぁ、と思ってしまいました。

■関連記事

米Apple、PowerPC G4搭載のノートPC「iBook G4」発表

Wi-Fi認定の802.11g規格に準拠した無線接続機能「AirPort Extreme」をサポートする。

アップル、「iBook G4」を発表――-OSにはPanther搭載

本体サイズは、12インチモデルが幅28.5cm、縦23.1cm、厚さ3.4cmで重量2.23kg、14インチモデルが幅32.3cm、縦25.9cm、厚さ3.4cmで重量2.7kgとなっている。バッテリ駆動時間はいずれも約6時間。

iBookにもPowerPC G4搭載――米アップルが新モデルを発表

Appleによると、新しいiBookではメモリの増強やスロットローディング式CD-Rドライブなど仕様を向上させつつ、価格はこれまでより抑え目にしたという。

アップル、新OS「Panther」をインストールした iBook G4を発売

発売日は、12インチディスプレイモデルが2003年10月25日、14インチディスプレイモデルが11月上旬。