スポンサードリンク

【macOS】アプリが32bitか64bitか確認する方法

スポンサードリンク

アプリが32bitか64bitか確認する方法

「iOS 11」で32bitアプリが動作しなくなりましたが「macOS」でも徐々にその日が近づきつつあるようです。「macOS High Sierra 10.13.4」では32ビットアプリ起動時に警告が表示されるようになりました。

ただし、これはアップデート後の一度だけだそうなので、後で確認しようと思った時にどこから判別できるのか分からない人もいることでしょう。

そこで「macOS」のアプリが32bitか64bitか確認する方法を解説します。

スポンサードリンク

アプリが32bitか64bitか確認する方法

アプリが32bitか64bitか確認する方法

Appleメニューから「このMacについて」を開きます。

アプリが32bitか64bitか確認する方法

「システムレポート」を開きます。

アプリが32bitか64bitか確認する方法

下にスクロールすると「ソフトウェア」の中に「アプリケーション」があるので、そこをクリックします。

するとアプリケーションの一覧が表示されます。右端に「64bit」という項目があり、対応していれば「はい」対応していなければ「いいえ」と表示されています。

つまり「64bit」の項目が「いいえ」だと、32bitアプリということになります。今後のmacOSのアップデートにより、いずれ起動しなくなりますので、代替アプリを探すことを頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

32bitと64bitの違いとは?

簡単にいえば32bitと64bitの違いは扱える情報量の違いとなります。

【今更聞けない!】32bitと64bitの違いとは? まとめ

どうしてもレガシーなシステムでなければ動かないアプリケーションがある場合は32bitシステムという選択肢はある。しかし、現代に16bitアプリケーションがほぼなくなったように、将来的に32bitアプリケーションも、ロストテクノロジーとはならないもののほぼ使用されなくなるだろう。

32bitと64bitの違い | 基礎講座 | 初心者のためのパソコン引越し講座

32bit版のOS扱える情報量(2の32乗):約42億通り 64bit版のOSが扱える情報量(2の64乗):約1844京6744兆0737億通り

スポンサードリンク

前へ

関東民は300円で「ハロ」を自宅に迎えるチャンス到来!

次へ

広告モデルによる無料タクシー「nommoc (ノモック) 」発表